特定空き家になる前に|富山で解体工事なら空き家解体マンモスにお任せ!

 

 

富山県のみなさんこんにちは☺️マンモスです

知らない人もいると思いますが、空き家を放置し続けると「特定空き家」に指定される可能性があります。

 

特定空き家の定義として、

 

 

 

・そのまま放置すれば倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態

・著しく衛生上有害となるおそれのある状態

・適切な管理が行われていないことにより著しく景観を損なっている状態

・その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態

 

 

 

特定空き家に指定されてしまうと、さまざまな罰則などを受けてしまうリスクが考えられます。

最初は行政から指導や勧告を受けるだけですが、無視し続けると、50万円以下の罰金が科されてしまいます。

最終的には行政が所有者に代わって空き家を解体します。

費用は当然所有者に請求され、支払われない場合は差し押さえなどの措置を受けてしまうことも考えられるでしょう。

このような処置が入る前にぜひお見積もりから解体を検討しましょう!

 

空き家、解体にまつわる問題でお悩みの方は
どうぞお気軽にマンモスまでお問合せください!

マンモスでは、皆さんの空き家問題のお手伝いをさせて頂きます。